So-net無料ブログ作成
検索選択
ヨセミテ日記2014 ブログトップ
前の10件 | -

帰国しました。 [ヨセミテ日記2014]

7月28日
 今回の帰国は、無事に出来ました。東京はむし暑いと思っていたのですが、意外に爽やかで安心しました。昨日までは猛暑だったとか、ラッキーでした。ですが、日本に帰ってくると偏頭痛をが出ます。ヨセミテではまったく出なかったのですが、乾燥したヨセミテの空気が身体に合っているようです。兎に角、偏頭痛の薬は非常に高額なのでまいります。
 今回目標のマルチピッチルート二本の内、残念ながら一本は登れませんでした。現在まで日本のマルチピッチルートを含めたくさんのルートを登ってきましたが、その殆どのピッチをオンサイト、リードで登ってきました。パートナーにお願いして全てのピッチのリードをさせてもらい、大きな喜びを味わってきました。マルチピッチルートに取り付く時は何時も全てのピッチのリードを前提にクライミングを組み立ててきましたが、今回はそれが出来ませんでした。年齢による体力、気力の衰えなのかも知れません。それが、今回登れなかった原因です。今まで持っていた「自分の登りたいルートは全ピッチをオンサイト、リードで登るのだ」と言う気力が、今回は無かったと言う事です。
 ですが、新たな嬉しい発見もありました。二ヶ月前から始めたトレーニングの成果が、感じられた事です。年齢に応じたクライミングの為のトレーニング法を考えていたのですが、ようやく自分で納得出来る方法が見つかりました。まだまだ長くクライミングを楽しむために、頑張りたいです。
 今回のパートナーは、出かけるまでに少ないトレーニングの機会しかありませんでしたが、ヨセミテでは充実したクライミングが出来たのではないでしょうか。結構厳しく声をかけましたが、今回のヨセミテで大きな成長が見られました。ヨセミテのクライミングの素晴らしさを若い人達に少しでも伝えたいと言う思いもありましたので、嬉しい限りです。
 ヨセミテは、何度行っても飽きません。何度登っても楽しいルートがたくさんありますしまだまだ登っていないルートが無限にあります。また行く機会があるでしょうか。

フレズノヨセミテ国際空港 [ヨセミテ日記2014]

7月27日快晴
レンタカーのチェックアウト、予約便のチェックインも無事に終了。これで帰国出来そうです。と言っても油断は禁物。去年はこれからトラブルが頻発。危うくフレズノ空港に取り残されるところでしたから。成田で荷物を受け取るまで安心出来ません。 フレズノヨセミテ国際空港

ヨセミテに別れ [ヨセミテ日記2014]

7月26日快晴
 今日でヨセミテともお別れです。パッキングを済ませビレッジストアで買い物ごカリービレッジへ。マウンテンショップに寄ってからアイスクリームを食べに。これを食べずには、帰れませんからね。小さいカップでも半端な量ではありませんが、しっかり完食。これは、美味しいです。キャンプ4のミッドナイトライトニングを見学してからグレッシャーポイントの展望台へ。バレー内のキャンプ場は何処も満員で、夏休みが始まっているのであちこちファミリーで混雑しています。バレー内のクライミングエリアは空いていました。ビッグウオールに取り付いているパーティもたくさんは居ないようです。
 今年の冬の積雪が極端に少なかったためにヨセミテフォールは糸の様な水流です。ブライダルベールフォールは消滅、何時も水量の豊富なネバダフォール、バーナルフォールも8月末には涸れてしまうかも知れません。山火事も発生していて、タイオガロードに割合近い場所が燃えています。三日前からかなり延焼していて、今日はヘリが出て偵察していました。あまり広がると、昨年のようにタイオガロードの閉鎖と言う事態もあるかも知れません。
 グレッシャーポイントで最後のヨセミテの景観を堪能し、後はゆっくりフレズノのモーテルへ。と思って運転していたら突然鹿が飛び出し車の直前を横断、激突寸前でした。かろうじてブレーキを踏めた程度でしたので危ないところでした。フレズノの定宿モーテル6に到着してホッとしました。勿論打ち上げの夕食は、モーテルの隣にあるお馴染みのチャイニーズレストランです。ここは最初にヨセミテに来たころからの馴染みのレストランですが、それ以来変わっていませんので、地元でも人気なのでしょう。量もたくさんで美味しいです。私のヨセミテ滞在中の食事都言えば、パン、シリアル、ヨーグルト、ハム、ゆで卵、ジャガイモのみでしたから、ここで食べた中華料理は美味しかったです。いや~、こんなに美味いものがあったのかと、思わずチップを奮発してしまいました。出発から始まったたくさんの小トラブルを何とか解決してフレズノまで無事に辿り着きました。明日は、サンフランシスコを経由して帰国します。
ハーフドームネバダ、バーナルフォール山火事ハーフドーム激旨中華激旨中華

クライミング最終日 [ヨセミテ日記2014]

7月25日快晴
 早いものでもう最終日になってしまいました。今回私は一日休みましたが、パートナーは休み無く登りました。今日は疲れもじょじょに出てきているのでワンピッチルートを登りに行きました。
涸れる寸前のヨセミテフォールを見学に沢山の観光客がいる滝の下を通り、Sunnyside Benchへ。ここは木陰があり晴れていても涼しく、綺麗なクラックがたくさんあるので楽しめます。ここは人気エリアなので何時も誰かいるのですが、今日は貸切でした。最後にSwan Slabの右隅にあるLena's Liebackを登り終了。
無事にクライミングが楽しめて終わり、幸せな日々でした。ブルーの空、爽やかな風、硬い花崗岩、木々の匂いがたまりません。ヨセミテは、何度来ても感動を与えてくれます。今回は残念ながら目標ルートの一本を登り事が出来ませんでしたが、大満足なツアーでした。やはり、また来たいです。体力を付けトレーニングを続けて、またこの場所に戻ってきたいものです。素晴らしいパートナーと一緒に。
image.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpg

Nutcracker [ヨセミテ日記2014]

7月24日快晴
 ツゥーラミの目標ルートにトライする予定でしたが、私達パーティの実力では無理と判断して中止しました。一人の力では登れ無いのでしかながないかなと(ー ー;)割り切りました。で、例のハンバーガーで気分転換。テナヤレイクの近くのマルチピッチを登ろうとしたのですが、えらく遅いパーティが登っていたので諦めてバレーに戻りました。午後から登れるルートと言う事でナットクラッカーをスタンダードのラインから登る事にしました。私はこのルートを10回以上登っているのですが、全てフィンガークラックのバリエーションからでした。スタンダードの一ピッチ目をリードしましたが、フィンガーのレイバックで楽しめました。後のピッチは何度もリードしているのでパートナーにリードをしてもらいました。何度登っても良いルートです。三ピッチ目から日陰になり快適なクライミングでした。午後7時に終了。チョット遅すぎでした。何とか充分した一日に出来ました。
Nutcracker. 5.8. 5P

image.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpg

休養日 [ヨセミテ日記2014]

7月23日快晴
 午前中はゆっくり休養。午後からパートナーの希望でChurch BowlのBishop's Terrace 5.8 60mを登りに行きました。このルートは素晴らしいクライミングが楽しめるルートで、私は10回以上登っています。今日私は完全休養なので、パートナーにはバックロープを引いて登ってもらいました。見事オンサイトでしたが、私が懸垂ロープの回収には注意必要であり事を言い忘れ、やはり結び目がクラックに挟まってしまいました。何とか回収出来ましたが、このルートは注意が必要です。
今日のバレーは日向は暑いですが爽やかな風が吹いて気持ち良い日でした。シエラブルーの空を見上げると嬉しい気持ちでいっぱいになります。ヨセミテはやはり素晴らしいです。
残りの日数分の食料を買い出し早目に夕食です。と、言ってもゆで卵と茹でじゃがいも中心の食事ですが(ー ー;)。明日はいよいよラッキーストライク6Pにトライです。どうなりますか。
image.jpgimage.jpg

Cathedral Peak [ヨセミテ日記2014]

7月22日晴
 ロッジを5時に出発。かなり寒さを心配したのですがさほどでは無く、長袖を一枚重ね着で一日中大丈夫でした。途中道路工事で30分ロスしましたが、7時には登り口に到着。既に10台以上の車が駐車していて、クライミングの用意をしているグループもある。とにかく人気ルートなので、直ぐに歩き始め(^_^*)ました。途中からクライマーの踏み跡を見落とさ無いよう注意しながら10ほど歩くと直ぐに解りました。数年前に偵察に来たのが役に立ちました。途中で若い女性二人のパーティに追い越されましたが、何とか2時間で取付きに到着。結構きついアプローチでした。私達が到着後ぞくぞくとクライマーが。アプローチで追い越され女性パーティに続いてクライミングを開始。先行パーティがいるので、ルートファインディングは楽でした。後続パーティが適当なラインを登ってくるので、気を使います。つるべで登り頂上ヘ。素晴らしいクライミングと大パノラマ、心残りだったピークに立て感激。ただ、標高が3300m位あるので高山病の症状が出始め、途中まで厳しい下山になりました。高度が下がると体調が戻ってきたのでホッと。このてのクライミングは、体力勝負なのを再確認しました。
 最後はツゥーラミのグリルでバーガーとフレンチフライで夕食です。これは絶品です。長い充実した一日が終わりました。明日は休養日の予定です。
Cathedral Peak
South East Buttress 5.6 5P
P6:50  7:05. 取付9:05. 9:30. 山頂12:50. 13:00. P16:00
image.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpg

マルチピッチルートヘ [ヨセミテ日記2014]

7月21日晴
 天気が安定してきたのでマルチピッチルートに行ってきました。風が爽やかで快適なクライミングが出来ました。明日はツォラミのマルチピッチルートを登りに行くので、丁度良いトレーニングになりました。
FIVE OPEN BOOK
Munginella 5.6
三ピッチルートをロープをいっぱいに使ってニピッチで終了。慣らしには快適なルートでした。取付きに戻りランチタイム。そのうちに若い外人パーティがきて、私達が登ったルートを登るとか。人気ルートです。私達はもう一本登りに、さらに踏み跡をトラバースして取付きヘ。
The Caverns 5.8
このルートは上まで抜けずに、快適な下ニピッチだけを登りました。多彩な動きが必要で、素晴らしいルートでした。木にスリングで下降支点が作ってあり、60mロープ一本で降りられます。始めてのルートは、楽しいですね。
明日は早起きなので、本日はこれにて終了。
image.jpgimage.jpgimage.jpg

雷雨 [ヨセミテ日記2014]

7月20日雷雨後晴
 昨夜はぐっすり眠り目覚めが8時になってしまいました。今日も大気が不安定で雷雨の予報が出ていたので、直ぐ車に逃げられるチャーチボールエリアヘ。ところが、バレーに入ると怪しい黒雲が広がり雷鳴までとどろくしまつ。何とか一本でもと登り始めたのですが、プロテクションを二つ取ったところで雨が。ナッツを残置してしまいましたが直ぐにクライムダウンして荷物をまとめ車に避難。雨足が強くなる寸前でした。暫く様子を見たのですが、止みそうに無いので一旦ロッジヘ。と、ロッジは停電中。何も出来無いためランチして休養です。夕方になり晴間が広がってきたのでナッツを回収に再びチャーチボールヘ。途中で交通事故を目撃。今日はまあ、小トラブルの多い日か。無事ルートを登りナッツを回収しました。
 パソコンでホームページを更新しようとしたのですが、何故かネットに繋がらず、iPadでブログのみ更新しました。写真が見てもらえず残念です。

ヨセミテに到着しました。ふ~。 [ヨセミテ日記2014]

2014年7月18日
 いや~、今回も出鼻からアクシデントが。HISでユナイテッド航空のサンフランシスコ経由フレズノまでのチケットを手配したのですが、成田でチェックインするとサンフランシスコからの便がキャンセルになり翌日の便になっていると。おいおい、何の連絡も無く勝手に翌日の便にしないで下さい。で、何とかサンフランシスコからラスベガスを経由してフレズノに同日に到着する便を手配してくれました。かなり時間のロスになりますが仕方がありません。時間はかかりますが、マイレージは貯まるかと、前向きに。それにしても、当初フレズノ着は午後3時ころでしたがその後変更になり6時に、で今回は9時過ぎになってしまいました。今日はまだまだ続きます。ようやく搭乗、通路側の席を確保していたのですが、隣の席に小さな子供たちがママと一緒に。いや~な予感がしたのです。その予感が当たり、やがてパパが現れファミリーと一緒に座りたいので席を換わってくれと。親切な私ですからYesと。ところが換わった席は非常ドアの前で、非常時には脱出の手伝いをしてくれるかと英語で言われ。それでも何とかその席を確保しました。ところが三席配列の真ん中の座席でしたが、前が広く開いているの楽ではありましたが。ふ~、搭乗してもこれでは先が思いやられます。ユナイテッドの機内食は、質素になりましたね。乗るたびに寂しくなります。まあ殆ど動かないので、多すぎるより良いかもしれませんが。
 サンフランシスコからラスベガスへ。懐かしい空港に到着し、フレズノへ乗り換えを心配したのですが到着ゲートの直ぐ隣がフレズノ便の出発ゲートでした。搭乗予定の小型の双発機に私たちのザックが積み込まれるのも確認できたので安心です。ホッとして周りを見るとやはりスロットルマシンが、有り金置いて行けとばかりにたくさん置いてあります。今回これなかった私のパートナーは、ラスベガスのスロットルで負けなし、帰国便待ちのここロビーでも稼いでいたのを思い出しました。
 無事にフレズノ空港に到着。レンタカーを借りてまずは今日の宿のモーテル6へ。ツインの部屋が$54、WiFi一日$3です。長い一日でしたが人間も荷物も何とかフレズノに到着してホッとです。出掛ける前日まで体調が悪かったのですが、こちらに着てから良くなり明日からクライミングが楽しみです。

7月19日[雷][晴れ]
 フレズノのモーテルを7時に出発しカリービレッジのマウンテンショップで買い物。今日は週末でマレー内には車がたくさん。クライミング終了後ビレッジストアーに行ったのですが酷い渋滞に巻き込まれマニュアパイルバットレスからストアまで一時間半もかかってしまいました。バレー内のこの様な渋滞は初めてですアメリカの景気が良くなってきたからでしょうか。
 今年の積雪が極端に少なかった影響でブライダルベールは消滅、ヨセミテフォールも糸を引くような僅かな水量です。あと数日で涸れてしまうでしょう。
 今日はManure Pile Buttress
パートナーがヨセミテ初クライミングなのでオンサイトトライをしてもらいました。After Six、After Seven、Nutcracker 1P目Varの三本をオンサイト。日本でのトレーニングの甲斐がありましたね。
 渋滞に時間を取られたため買い物、ヨセミテロッジのフードコートで食事をしてビューロッジへ。ビューロッジは快適です。良い値段のロッジですから、当然か。こんな贅沢も今回限りなので、目いっぱい楽しみます。
ヨセミテヨセミテヨセミテこれに乗りました

タグ:ヨセミテ
前の10件 | - ヨセミテ日記2014 ブログトップ