So-net無料ブログ作成
ヨセミテ日記2013 ブログトップ
前の10件 | -

帰国しました(ーー;)。 [ヨセミテ日記2013]

9月16日
 無事帰国出来ましたが、大変でした。まず、フレズノ空港の搭乗口で私のチケットのバーコードをリーダーに読ませたところ赤ランプが、最後まで待たされ何度読ませても赤ランプが。なにやらパスポートからPCへ入力してもまたも赤ランプが点灯。最後に係員が諦めたのか、早く乗れと。あの赤ランプはなんだったのか。
 無事、ロスの空港で乗り継ぎ成田へ。シンガポール航空便は心配した台風の影響も無く定刻に成田空港に着きましたが、空港は台風の影響で大混雑でした。発着便が裁けずゲートが開かないためにゲート前で機内に一時間以上缶詰状態でした。やれやれ缶詰から開放かと思ったのが間違いで、入国審査は長だの列、挙句に私の荷物がロスに置いてきぼりだとか。入国審査、荷物の手続きに時間がかかり、さらにスカイライナーは満席、一列車遅らせてようやく日暮里へ。帰宅は12時を過ぎてました。やれやれ、今回のヨセミテは、最後までやられました。ふ~、疲れました。身体は元気なのですが、神経が相当やられましたね。まあそれでも、一番の目標だったハーフドームに登れたので満足ですが。今回山火事で登れなかった二本のマルチピッチルートは、来年に持ち越し、と言っても来年まで私の体力、技術が持つのやら。なんとも言えませんが、何とか来年まで生き延びられたら再挑戦ですが。
 兎に角、無事に帰国出来て幸いでした。

ヨセミテにお別れ [ヨセミテ日記2013]

9月14日快晴
 明日帰国なので、今日はフレズノ泊です。
 クリアなシェラブルーの空が戻り、すっかり秋らしくなりました。今日は週末のせいか観光客がたくさんいました。観光バスも多く、日本の団体ツアーバスも数台みられました。
 今日でヨセミテともお別れです。トンネルビュー、グレッシャーポイントに寄りヨセミテの姿を脳裏に残しました。死ぬ時に、必ずこの景色を思い出すために。
 ヨセミテには色々な人とクライミングをしてきましたが、ヨセミテのクライミングや自然と対峙するとその人の本当の姿が現れるように思います。ヨセミテは私にたくさんの事を教え、与えてくれました。
 山火事の影響で閉鎖されていたタイオガロードは、今日の午後開通しました。ツォーラミに登り残した二本のルートは次回に持ち越しになってしまいました。と言っても、体力と技術、気力が来年まであるのか不安です。来年があるかどうかは分からない年齢ですから。
 明日は、早起きして帰国の途につきます。
ピザパーティの豪華ピザハーフドーム

リベンジ [ヨセミテ日記2013]

9月13日快晴
 フルに一日使えるのは今日だけなので、昨日登れなかったGlacier Point apronのHarry Daleyをリベンジしてきました。5.8ですが、フィンガー、ハンドと多彩なクラックが続き楽しめるルートです。スーパートポのお勧めのルートだけの事はあります。
 タイオガロードは、なかなかオープンになりませんね。今回のヨセミテは色々とハプニングが起こり予定したクライミングがなかなか出来ませんでしたが、ヨセミテは内に居るだけで満足できる雰囲気を持っていますのでクライマーとしては満足できました。いや~、それにしても・・・・。
 明日はフレズノへ発つため、こちらに残る友人がお別れのピザパーティをしてくれました。嬉しかったです。残りの人生が少ないので、もうヨセミテに来る機会は無いかも知れません。ここで登ったたくさんのルートを思い出すだけで嬉しくなります。エルキャピタン、ハーフドーム、たくさんの花崗岩の岩峰、ツォーラミのドーム等次々にクライミングの様子が思い出されます。まだまだ登りたいルートはたくさんあるのですが、これは生まれ変わってからの課題に残しておきましょう。いよいよ明日は、ヨセミテとお別れです。
ノースドームHarry DDaleyHarry Daley2ピッチ目アワニーホテルでお茶を


残り二日 [ヨセミテ日記2013]

9月12日快晴
 大崩壊以来訪れる機会の無かったGlacier Point Apronに行って来ました。が、目的のマルチピッチルートのアプローチを間違えて懸垂下降して帰ってきました。下降途中で昔登ったフィンガークラックのルートを発見、このルートにはドラマがあったので何か懐かしさを感じてしまいました。まあ、これだけでも嬉しかったのでさっさとカリービレッジに引き返し、名物のアイスクリームを。写真を見て下さい。これが一カップ2$少しです。完食したら血糖値が急激に上がったらしく酷い睡魔が。参りました。
 午後、気になっていたクラックからボルトルートへ移るルートをオンサイトして終了。まだ日当たりは暑いですが、風は完全に秋風です。ホテルに帰りジャグジーへ、至福の時でした。
 残り一日半ヨセミテをワイルドさを堪能します。
カリービレッジでアイスクリームカリービレッジでアイスクリーム

エリアの案内Ⅱ [ヨセミテ日記2013]

9月11日曇
 昨夜バレーでは雷雨があったそうです。
 今日は朝から曇り空で、風は多少湿度を感じましたが秋に突入を実感です。朝の気温がかなり下がるようになり日陰で風に当たっていると寒さを感じるほどです。
 まずは朝一番でOWの課題Generator CrackでOWの世界を堪能。その後ピクニックエリアでランチ、El Capitan Baseを案内して終わりました。
 日中の気温が下がりはじめ山火事もおさまったせいか、観光客、クライマーも多くなりキャンプ場はほぼ空きがなくなっているそうです。エルキャピタンのビッグウォールルートを登るクライマーの姿も、数パーティ見られました。タイオガロードは変わらず閉鎖。バレーでかなり気温が下がってきたので、ツォーラミではかなり寒いかも知れません。残り二日なので、ツォーラミはちょと難しいかもしれません。
エルキャピタンGenerator Crack

復習クライミング [ヨセミテ日記2013]

9月10日晴
 ヨセミテにも秋の風が吹き始めました。今日は珍しく薄雲が広がる天気でしたが、その分涼しく風も爽やかで過ごしやすい日でした。休養日の予定でしたが、朝かなり気温が下がったのでChurch BowlのBishop's Terraceを登りに行きました。何度も登ったルートですが、久しぶりに登りルートの素晴らしさを実感。懸垂下降では年寄二人に同情してしてくれたのか、体格の良いスペイン人のおじさんがロープをがんがん引いて回収してくれました。感謝、感謝!(^^)!。
 ピクニックエリアでランチ。たくさんの人たちが楽しんでいました。爽やかな風に吹かれてついついノンビリと。さらにアワニーホテルで寛ぎ終了です。
 タイオガロードは今日も開通せず、いまだ3,000人の人たちが山火事の消火に携わっているそうです。
アワニーホテル食料を狙うカラス

エリアの案内 [ヨセミテ日記2013]

9月9日快晴
 朝は煙で視界が悪かったのですが、やがてバーレーの周囲の壁が見える程度になりました。今日は、昨日Sunnyside Benchに続きエリアの案内でした。Sunnyside Bench、Church Bowl、Manure Pile Buttressと回りましたが、かなり涼しくなったためか何処のエリアもクライマーがたくさんいました。
 タイオガロードは、相変わらず閉鎖状態です。う~ん、早く開通してほしいのですが。

煙が(^_^;) [ヨセミテ日記2013]

9月8日快晴
 昨夜風向きが変わったようでバレーに煙が入り、山火事の発生当初から比べれば僅かですが視界が悪くその分気温も低めでした。気温が低かったためかクライマーはあちこちのルートに取り付いていました。
 今日から二人の女性クライマーが日本から合流したので、バレー内の道路や施設の案内をしました。最後にスワンスラブで三本登った後、ビレッジのストアで買い物。帰り際に道路からすぐのクライミングエリアの登り口を案内して、本日終了しました。
 タイオガロードは、相変わらず閉鎖。僅かですがバレーに煙が入るようでは、開通はまだ先になりそうです。
キャンプ4でミッドナイトライトニング

Manure Pile buttress [ヨセミテ日記2013]

9月7日快晴
 残念、タイオガロードはまだオープンになりません。朝分岐のGSへ給油に行ったのですが、消防車、給水車等火事の関係車両がたくさん帰ってきていました。開通も近いのではと思うのですが、帰国まで残りの日数が少なくなってきたので心配です。
 今日は軽く登って、ノンビリクライミングでした。
給水車朝のヨセミテ朝のヨセミテノースドーム

レスト日 [ヨセミテ日記2013]

9月6日快晴
 昨日のハードクライミングで疲れてしまい今日はレスト日にしました。ゆっくり起きて午後からカリービレッジでピザのランチ、ビレッジから早めにロッジへ。帰り際にキャンプ4の前にある道路情報によるとタイオガロードがオープンになっていたので、ネットのヨセミテ国立公園公式サイトで確認したのですがオープンになっていませんでした。ですが、多分オープンになっているのではとの事で、明日は早起きしてツォーラミのマルチに行ってみる予定です。
 バレーは観光客も戻りつつある感じで、週末にはけっこう混雑しそうです。ビッグウオールに取り付くクライマーも見られました。バレーの気温が高いので、タイオガロードが開通してツォーラミで登れるようになると嬉しいですね。
ハーフドームOWの課題Generator Crack 5.10c
タグ:ヨセミテ
前の10件 | - ヨセミテ日記2013 ブログトップ