So-net無料ブログ作成
スコーミッシュ日記2010 ブログトップ
前の10件 | -

帰国しました [スコーミッシュ日記2010]

 昨夜、無事にスコーミッシュから帰国しました。
 お天気にも恵まれ、充実したクライミングが出来ました。今回は、出来るだけたくさんのマルチピッチルートを登るのが目標でしたが、二週間では二本が限度である事がわかりました。特に、ハードなルートを登った翌日は休養が必要と感じました。年齢的(パートナーと二人で合計130歳)な体力の問題もあると思いますが、二日登り一日休養のペースが丁度良いようです。休養日午前中は、殆どベッドで横になっていました。これが、身体を休めるのに効果がありました。
 ほぼスコーミッシュの概略がわかりましたので、来年は、若い人と人数を揃えて登りに行きたいと考えています。スコーミッシュは、トラッドクライミングを始めるには最高の場所です。
 近日中に写真等をHPに載せますので、ご覧になって下さい。

スコーミッシュ最後の夜 [スコーミッシュ日記2010]

7月10日快晴
体が休養を要求していて、今日は帰国の準備と休養日になりました。爽やかな快晴の午後は、庭のデーブルで優雅なブランチ、これも至福の時間です。真っ青な空と岩場を登るクライマーの姿を見ながら飲む紅茶は、また格別な味わいです。
あまりの快晴に展望台までドライブ、帰りにウォールマートで買い物、スタバでカフェラテなど楽しんで最後のカナダの夏の一日が過ぎて行きます。宿の庭では、女性だけ十数人のグループが土曜の夜の大フィーバーで迫力の賑やかさです。此方も負けずにカナダ最後の夜を、四人でパーティーを催し楽しい時間を過ごしました。楽しい時間は、早く過ぎるものですね。
うーん、明日は蒸し暑い東京とは(/_・、)(>_<)(^^;)(=_=;)。
出がけに悲しい出来事がありましたが、充実したクライミングと楽しい夕食の時を皆さんのおかげで過ごす事が出来て幸せでした。

スポーツルートへ [スコーミッシュ日記2010]

7月9日快晴後曇
今日は、みんなでワイワイとボルトルートを登りに行きました。スコーミッシュから25キロほど北上したCheakamus Canyonにはスポーツルートがたくさんあり、フェース系から被りまで多彩なクライミングが楽しめます。先ずは四つ星ルートのCharlotte's Web 5.9 37メートルを登りましたが、グレード以上の難しさとルートの長さに体力をかなり消耗し、ロワーダウンして降りた時にはめまいに襲われましたの。そういえば今朝の朝食は、昨日の豪華夕食を食べ過ぎたため、葛湯のみでしたので、低血糖と低血圧状態になったようでした。やはり朝食は、きちんと食べなければいけませんね。この後、三本登り終了しました。かなりの人数のクライマーが、来ていましたが、エリアがたくさん有るため順番待ちなどは全くありませんでした。久しぶりのボルトルートを堪能しました。
スコーミッシュ滞在も後二泊、楽しい日々の過ぎるのは早いものです。残っている野菜を全部使って作ったサラダと日本から持ってきたハヤシライスが今日の夕食です。ここの玉ねぎは甘くて本当に美味しいです。日本でこれだけ美味しい玉ねぎを食べた事はありません。
明日は、クライミング最後の日、何処へクライミングに行くかは、明日朝の体の調子で考えます。最後を締めくくる良いクライミングがしたいと思っていますが、どうなりますか!

ハードワークな一日 [スコーミッシュ日記2010]

7月8日快晴
気温は高いですが風は爽やかで、今日も絶好のクライミング日和です。
今日の目標ルートは人気ルートなので、早めに宿を出て、と言っても駐車場まで車で五分です。既に駐車場にはかなりの数の車があり取付きでの順番待ちを心配しましたが、私達が登るRock Onの取付には誰もいませんでした。これはラッキーです。駐車場から20分ほどの登りでした。このルートは、私にとってかなりハードでした。ルート図から傾斜の強いルートとは予想していたのですが、やはりそのとおりでした。1P目もパワフルでしたが、5.8から5.10aまでの核心の連続する4.5P目はさらにパワーが必要でした。二ピッチ分を一ピッチに繋げて登りましたので、まったくのハードワークとなり終了点に着いた時にはホッとしました。後続のパーティーが登ってくるのを待って、懸垂下降三ピッチで取付き立ちました。イヤーよく頑張りましたと、自分自身を誉めてあげたい気分です。フォローに徹してくれたパートナーの登りが早く、標準的なクライミング時間で終了出来ました。このルートは、ハードですが素晴らしい内容があります。
午後早くホステルに帰れたので、お茶しながら優雅な午後を楽しみました。いや実は、ハードワークのために身体のあちこちがギクシャクして出かけられないだけでした。
さあ夕食は頑張ったご褒美に外食してギリシャ料理でもとの案がありましたが、帰国も間近で食材を減らさなければならず野菜炒めとなりました。鳥の丸焼きが残っているのでこれと、ビーフン入りの美味しい野菜炒めに食がすすみます。今夜も四人でクライミング談義に花が咲き、ハッピーな一日でした。

イヤー、疲れました [スコーミッシュ日記2010]

7月7日快晴
疲れが出てヘロヘロ状態な一日。ようやく夕方になって少し身体が動くようになりましたが、ここまでの疲労は久しぶりの事です。此処では、何もせずに爽やかな風にあたりながら休養も素晴らしい時間に感じられます。ホステルの横を流れる入江には、何時も海鳥が風に乗って優雅に飛んでいます。また、岸辺には綺麗な花々が咲き乱れ、その向こうには緑の森と大岩壁が紺碧の空に伸びています。雲の欠けらも無い青い空を日本で見る事はめったにありませんが、此処ではそんな天気が昨日から続いていて、さらにしばらくこの夢のような情景が楽しめるようです。極楽とはこのような地なのかも知れません。来年は、もっと長く滞在したいですね。
毎日このブログを見ていただいている方は次は夕食の話が出るはずと、そうです。今夜は、再びチキンの丸焼き(七百円位)に挑戦、とにかく安く量があり美味しいので重宝します。ふ~満腹。明日は、二本目のマルチピッチルートにトライします。クライミング出来るのは後4日間、二週間は、あっという間です。

夏です [スコーミッシュ日記2010]

7月6日快晴
一気に夏が来た感じです。一日中快晴の空と爽やかな風、周りの山々の雪も一気に少なくなってゆくのがわかります。イヤー気持ちよい気候ですが、身体は昨日のマルチピッチルートで疲れ気味。と言っても、この青空では登りに行かないわけにはいきません。
ゆっくり出て、近場(宿の入江を挟んだ向かい側)のThe Smoke Bluffへ。初めてのエリアを何ヶ所か周り5.7~5.10bまで四本登りましたが、結構疲れました。
また、楽しみな夕飯の時間ですが、本日はサーモンと生野菜、主食は、冷たいそうめんで最高でした。食堂で10時近くまで四人で談笑をしていたら、オーナのおばさんにぎょろりと警告(消灯10時)されたので、本日終了としました。明日は、休養日です。

マルチピッチルートを登る [スコーミッシュ日記2010]

7月5日快晴
ようやく晴天の期間に入り、綺麗な青空と爽やかな風で快適な一日でした。
本日はマルチピッチルートの第一弾としてThe Chif North ApronのSnake5.9 6Pを登ってきました。人気ルートなので、順番待ちを覚悟していたのですが私たちが一番でした。5.7と5.9のランナウトしてのトラバースがありこの部分が恐怖でした。絶対に墜ちられない状況なので、緊張感でグレード以上の難しさを感じました。最後のピッチの出だしの段差を乗り越すムードも、身長が無いと悪くパワーが要ります。ビレーポイントはしっかりしていて、プロテクションも取りやすいのですが、とにかく少し易しいパートになると必ずランナウトになるので最後まで気が抜けません。青空の下、爽やかな気温で大満足のクライミングでした。
さ~て今日の夕食ですが、お米を貰ったのでカレーにしました。カレーは、年に一、二回しか食べられないので味わいながらカレー皿2ハイ分は食べてしまいました。また、本日頑張ったご褒美に前日食べて美味しかったシシカバブーを添える許可がでたのでムムム(^-^)/~~。

休養日 [スコーミッシュ日記2010]

7月4日曇
二日間のクライミングの疲れが出て、お昼頃まで眠りこけ(/_・、)。昨夕、元気な知人の二人が日本から到着し賑やかになりました。
今日は雨の予報が外れ、曇り空から薄日のさす一日で夕方からは青空が広がり明日の晴天を約束してくれました。予報では、明日から十日間ほど気温が上がり快晴が続くとか、いよいよマルチピッチルートにトライ出来そうです。そのため、午後からは目標のルートのアプローチの偵察に行ってきました。今日は日曜日なので、人気のマルチルートにはたくさんのパーティーが登っていて、モチベーションが高まります。
ディナーは、ステーキの茹で野菜添えとベスト(厚手のクレープのような物)。デザートは、アップルパイはもう嫌だと言われたので軽いお菓子にしましたの。

Shannon Fallsへ [スコーミッシュ日記2010]

7月3日曇
昨夜は、残業のため寝るのが遅く今朝は9時30分まで寝てしまいました。ビジターセンターの天気予報を見ると、明日は雨の予報なので今日はShannon Fallsの近くのエリアで登りました。Shannon Fallsの駐車場(有料一日三ドル)から少し戻り山道にに入り、途中のY字路を左へ、急登を少しで基部に出て目の前に今日目標の綺麗なクラックが目に飛び込んで来ます。駐車場から約15分程度の歩きです。この綺麗なクラックはKlahanie Crackで、クラッククライマーなら涎の出そうな美しさです。5.7ですが、最後までハンドクラックが続きます。二人で交代でリードし、快適なクライミングを楽しみました。60mロープで、ロワーダウン可能です。さらに右隅のCardhu Crackも登りました。こちらもハンドサイズのクラックが続く40mの長いルートで、バックロープを引いて登りました。先に登ったルートに比べた見劣りはしますが、充分に楽しめるルートでした。本日はこれにて終了し、駐車場に戻りShannon Fallsの見学に行きました。本日のディナーは、シシカバブーと野菜たっぷりスープ、バンを少しとオリーブオイルをかけた生野菜でハッピーな一日でした。
午後は、雲が厚くなり湿度も上がりました。明日は雨の予報で、休養日です。

今日も残業 [スコーミッシュ日記2010]

7月2日晴
昨日の雨が嘘のような晴天になり、モチベーションが高まります。まず、昨日友人に頼まれて買ったリンクカムの値段が変なのでバルハラへ行き、差額の返金をしてもらいました。リンクカムは日本で買う値段より約五千円くらい安いのでお買い得です。
ホステルの入江を挟んだ向かい側のThe Smoke Bluffsへ。昨日は5.9のスラブで泣かされたので、先ずは易しいスラブを四本登りアップとしました。本日目標のクラックを探しに、迷いながら何とか探し出して登りましたが、これが素晴らしく綺麗なクラックで、登っていて鼻歌が出そうな楽しいクライミングが出来ました。五つ星に相応しいルートでした。続いて五つ星のルートへ、これがまた5.9ながら変化に富んだ素晴らしいルートでした。出だしから空間に躍り出るトラバースで、薄いブレークを直上して、左に続くランペに這い上がる何ともパワフルでトリッキーなルートでした。トラバースが長いので、フォローは、注意必要です。イヤー、クライミングの楽しさを堪能したルートでした。最後は、トポに載っていないルートにトライしましたが、これが最初からレイバックでさらに上で二回も力の要るレイバックを強いられました。さ最後に登るルートではありません。5.8と聞きましたが5.9以上はあると思います。これで、ヘロヘロになり、本日午後7時30分で終了。今日も残業になってしまいました。これからまだ日数があるのに大丈夫か、放っておくといつまでも遊びを止めない子供と同じだとパートナーに言われてしまいました。夕食は、味噌味の肉じゃがスープと野菜、パプリカの肉詰め、デザートはアップルパイで満腹、満腹です。
前の10件 | - スコーミッシュ日記2010 ブログトップ