So-net無料ブログ作成
小川山、瑞牆 ブログトップ
前の10件 | -

カサメリ沢 [小川山、瑞牆]

2017年10月10日[晴れ][晴れ]
 お試しクライミングでカサメリ沢へ。まだ眩暈と吐き気を薬で抑えている状態ですが少しずつ活動範囲を広げたくてお試しクライミングでした。夏のような気温と秋の空で快適でした。昨日までかなり湿度が高かったそうです。本当に久しぶりのカサメリ沢で、アプローチの短いモツランドへ。クライミング中に眩暈が出ると危険なので恐る恐るのトライでしたが、問題なくリード出来たので先ずは一安心。ただ、就寝前と起床後に体調が悪くなる事が多く今後はこれの回復が課題です。
瑞牆モツランド
タグ:カサメリ沢
nice!(0)  コメント(0) 

小川山 [小川山、瑞牆]

2017年8月24~27日
 涼しい小川山で療養キャンプ二回目を楽しんできました。今回はお天気に恵まれ、夏の小川山を感じながら良い療養生活でした。たき火をしながらのバーベキューでは、普段食べられないお肉等をご馳走になり嬉しいひと時でした。
 27日は朝から気持ち良い青空でこれぞ小川山の夏になりクライミングのモチベーションが上がりました。と言っても療養中の身、無理せずに小川山レイバックからリバーサイドを周り三本ほど登り大満足な一日でした。
 夕方から眩暈が出たために、車の運転が出来る間にとこの日に帰宅しました。どうも、眩暈とは上手に付き合って行く事しかなさそうです。
小川山 小川山小川山小川山小川山
タグ:小川山
nice!(0)  コメント(0) 

小川山 [小川山、瑞牆]

7月27日~8月1日
 4月に酷い眩暈と吐き気で救急搬送されてから三か月、薬とリハビリでようやく頭が働くようになりました。文章を書くのも読むのも辛い時期でしたが、何とか復帰出来そうになってきました。今も薬とリハビリは続いているのですが、車で出かけられるようになり今日から6日間小川山廻り目平で療養キャンプです。
 毎日の雨でクライミングルートは厳しい状態でしたが、涼しく療養には最高でした。唯一晴れたのは31日のみ。気持ちの良い一日で、青空は嬉しいですね。今年も岡山からの友人と、楽しい療養生活が送れました。この天候不順は現地の人も初めてと話していました。キャンパー、クライマーとも異常な程少なかったです。雨が続いているので仕方がありません。
 さあ、いよいよクライミング再開、先ずはジムトレーニングから。クライミングが出来るのは、幸せです。
療養所フェニックスの大岩フェニックスの大岩廻り目平
タグ:小川山

小川山、湯川 [小川山、瑞牆]

8月17日~25日
 療養クライミングに廻り目平へ出かけました。
 天候が不安定で毎日雨で台風の大雨まで遭遇、おかげさまで良い療養が出来ました。涼しい毎日で、東京に帰る気がしませんでした。それでも、夜まで雨も降らず星空の見えた日が一日だけありました。この日は丁度友人が二人訪問してくれて、バーベキューとたき火で楽しい夜となりました。また、同じ日程で関西からの友人が付き合ってくれて毎日色々な話が出来、これも嬉しい事でした。7月は体調が悪くどうなるかと心配したのですが、今回の療養で体調が回復してきたのでホッとしています。来週月曜には定期検査があり、昨年の結果と変わりなければもう一年生き延びられそうです。
 悪天の合間のクライミングで、25日に湯川に行ってきました。林道が整備されて段差が少なくなり走りやすくなっていますが、岩場への登り口の左側に土砂崩れが起きたようです。整備はされていますが、かなりの泥濘になっています。この日の岩の状態は、連日の雨のため良くありませんでした。バンパイヤのルーフの下に大きな蜂(スズメバチか)巣が出来ていますので、ご注意を。
左岸スラブそら豆そら豆そら豆湯川湯川 蜂の巣
タグ:湯川林道

湯川 [小川山、瑞牆]

2015年10月14日[晴れ][晴れ]
 快晴、無風、素晴らしい紅葉と言う事無しの快適なクライミング日和でした。湯川のクラックおさらいクライミング第二段。いよいよ5.10b以上にに突入しました。ここのクラックはフィンガーサイズが多く一日で何本も登れないです。それで無くとも体力、技術が落ちているのでマイペースで楽しむしかありません。この日は三パーティのみで静かでした。今のところトライしたルートは全て一度のトライで登れているので嬉しいです。若い時に5.10dまでのルートは一本を除いてオンサイトしているのですが、今となってはその時のことはまったく思い出せず、殆どオンサイトトライです。新鮮な気持ちでトライ出来るのが嬉しいですね。
 寒くなく最高に気持ちの良い一日でした。
湯川湯川

10月15日[晴れ][曇り]
 今日も秋晴れの清々しい朝です。朝日が当たり紅葉が素晴らしいコントラストでした。今日は、昔登っていないルートを一本オンサイト。もう一本と、見栄えのする長いルートにトライ。残念、上部の取り付きからは見えない核心部のクラックで最適なプロテクションが無く再登ならず。次回再トライです。今日は二パーティのみで貸切状態でした。いや~、堪能した二日間でした。
湯川湯川湯川サイズ変更DSCF2781.JPG

小川山 [小川山、瑞牆]

2015年9月28日[晴れ][晴れ]タヌキ岩
 秋晴れの最高に気持ちの良い日でした。大分体調も良くなってきたので、以前から気になっていたタヌキ岩のルートに行ってきました。暫くジムクライミングばかりでしたので、久しぶりに花崗岩は慣れるまで怖かったのですが、何とかオンサイト出来たので嬉しかったですね。久しぶりのボルトルートのオンサイトで緊張しましたが、会心ののクライミングが出来たのでこれは本当に嬉しかったです。帰り際に小川山レイバックを登り終了。いや~、楽しい一日でした。帰り道のナナーズで野菜の買出しをしようと思ったのですが、キャベツ、レタスは売り切れでした。残念。
 これで小川山に思い残すルートは無くなりました。オンサイトトライ出来るグレードが加齢とともに低くなってきているので、登っていないルートでオンサイトトライ出来るルートは殆ど無くなってしまったためです。
 日向は暖かいのですが、日陰はかなり寒いです。と言っても、私は極端に寒さに弱いので参考になりませんが。綺麗な紅葉を楽しめるのは、もう少し先のようです。
小川山小川山小川山小川山

小川山 [小川山、瑞牆]

2015年8月28日[晴れ][曇り][雨]
 療養生活第二弾で小川山廻り目平へ。と言っても、今回は早々と秋雨前線が発生して暫く悪天のため二日間です。
 朝から気持ち良い青空が広がり、風も爽やかです。ノンビリして左岸スラブへ。午後三時頃から黒雲が暑くなり小雨が。私たちは逃げ足だけは速く、とにかく雨が二、三滴降っただけで直ぐ撤退です。今回もこの判断が素晴らしく、車に着くと同時に雨脚が激しく。東屋でノンビリお茶をしていると友人にばったり。明日から某団体の講習で40人位入るとか。本日は金峰山荘に素泊まりのためテント等が濡れる心配も無く、気分はルンルンです。
白樺に茸左岸スラブ

8月29日[雨][曇り]
 昨夜の金峰山荘では子供と大人が一緒になって消灯を過ぎても大騒ぎをしていたため、寝付きが悪く参りました。親の躾からしなければならない世の中になってしまったんですね。まあ、憲法すら守らない首相が居座っていす国ですから、宿のマナーやルールを守らない人がいるのは当然ですか。
 広場ではイベントが行われるようで準備が進んでいました。後に知ったのですが、結婚式だそうです。クライマーでしょうか。お天気が良くなるように祈りました。
 先週から続いた私のイベントもこれにて終了。良い療養になりました。
 帰りがけに明野でカッフェの看板を発見。ちょっと寄ってみました。手作りケーキのお店で、私はミルフィーユと紅茶を注文。ケーキは美味しかったのですが、オーナーの愛想が今一つで、私のグルメ情報には未掲載です。
タグ:小川山

小川山 [小川山、瑞牆]

2015年8月19日[晴れ][曇り]フェニックスの大岩
 涼しい小川山廻り目平で6日間の療養生活の始まりです。
 今日は、パートナー共々体調は最悪。キッチンテントを張ってノンビリ。少しは歩かないと食事も摂れないのでフェニックスの大岩まで歩く事に。気持ちの良い風を感じつつよろよろと林道を歩くこと30分。ようやく到着すると、友人が登っていました。色々話が出来て、ここまで頑張って歩いてきた甲斐がありました(^.^)。数本登って終了。岩の状態は良かったのですが、明日は雨の予報。早々と就寝して翌朝まで10時間の睡眠(-_-)zzz。
小川山フェニックスの大岩

8月20日[雨][曇り]
 天気予報が当たり午前中は雨。午後から曇りになり終日キッチンテントでノンビリ。体調が今一つなので休養には最高の日です。

8月21日[曇り][晴れ]
 今日も曇り空でクライミングのモチベーションは上がらず、ゆったりした時間を楽しみました。一日中お茶していては夕食も食べられなくなるので、午後からガマスラブで足慣らしでした。
小川山

8月22日[晴れ]
 朝から日が当たり気持ちの良い今日の始まりです。やはりお日様はありがたいです。今日は友人のグループが大勢で来訪。小川山デビューの方が殆どなので、先ずはガマスラブへ。皆さん初めてとは思えない登りで驚きました。夕方から雨の予報で焚き火は出来ないかと心配したのですが、消灯まで焚き火を囲んでの楽しい一時が過ごせました。
ガマスラブ

8月23日[雨][曇り][晴れ]
 朝方まで雨が降り早々にキャンプ場を出る車もたくさんありました。時より小雨のため取りあえず岩場巡りに。左岸スラブ周辺から小指岩周辺と回りバンガローに戻るころには青空が広がり始め、乾きの早いエリアなら登れそうな雰囲気になってきました。乾きの早いガマスラブ上のエリアに行くことにしたのですが、これは正解でした。ただ、岩は乾いていたのですがまだ湿っぽい状態で朝一の5/10a/bのスラブは厳しかったです。
三本のルートにトップロープを張り、9人で充分楽しみました。
 夕方から友人がたくさんキッチンテントに遊びに来てくれて、賑やかでした。久しぶりに会う友人もいて嬉しい時間でした。

8月24日[晴れ][曇り]
 朝方の雲も無くなり青空が広がってきました。ただ私たちの動きは遅く、たっぷり朝のお茶を楽しんでからクライミングに出発です。今日は療養最終日なので、友人が行くマガスラブへ一緒させてもらいました。易しいルートを数本登って終了。
 療養目的とは言え何だか怒涛の6日間でした。これだけ長期間ここに滞在したのは本当に久しぶりで、かなり長い間小川山のクライミングから遠ざかっていました。ここでのこれからのクライミングは恐らく疎遠になりそうです。私の実力でオンサイトトライ出来るルートは登っているので、モチベーションがあまり沸きません。それにしても、キャンプ場や岩場でのマナーは、10数年前までここに通っていた頃と比べ凄まじく悪くなっていますね。キャンプ場では直径20センチほどの立ち木を鉈で倒し焚き木にする、一ヶ月間以上テントを張りっぱなしにする等。張りっぱなしているテントのオーナーは、宿泊した時だけ幕営料を払えば良いのだと。この言い訳にはちょっと驚きました。確かにキャンプ場の料金は幕営料となっていますが、利用者の空いている場所を選んで自由にテントを張る権利を侵害していると思うのですが。
 岩場でも色々遭遇しました。挨拶しても応えないグループ、トップロープを張ったルートを登る様子が無いので声をかけて登ろうとすると、突然登りだすパーティ。複数のルートにトップロープを張ってルートを独占、他のクライマーに登らせようとしない人々。勿論、譲り合って登らせてくれる人達の方は多いのですが、そうでない人達が格段に増えています。岩資源の少ない日本ですから、譲り合って気持ち良く登りたいものです。
小川山小川山
タグ:小川山

小川山、瑞牆 [小川山、瑞牆]

2015年7月29日[晴れ]小川山
 暑い東京を抜け出して体調回復クライミングで小川山へ。日陰は最高に気持ちが良いです。木々の緑にも癒されます。歩き始めはヘロヘロで取り付きまで歩けるか心配でしたが、暫く歩くと何とか歩けるようになり頑張って取り付きに到着。本日は、最高ルーフ周辺で昇りました。完調には程遠い体調ですがクライミングが出来るだけでも幸せです。
 信州峠周辺は結構な雨が降っていたので天候を心配したのですが、夕方まで降ることも無く爽やでした。岩の状態はちょっと湿っぽく。ここ数日雷雨が続いているそうです。
小川山小川山

7月30日[晴れ][曇り]瑞牆・カサメリ沢
 今日も雷雨注意報が出ていたので直ぐに撤収出来るカサメリ沢へ。このエリアはオンサイト出来そうなルートは殆どトライしてしまっているので、トライしていないルートを探して登りました。ですが、昨夜激しい雷雨があったようで岩は湿っていて溝の中には水が。挙句に湿度が高く、まいりました。でもここは涼しく居心地は最高です。何時もの事ですが、のんびりお茶して終了。
 これから暫く外岩は混雑するので、三週間ほどジムトレーニングに専念です。と言っても身体が持たないので、せいぜい週に二回ほどですが。
カサメリ沢カサメリ沢
 


小川山 [小川山、瑞牆]

2015年7月22日[晴れ][晴れ]
 体調不良でヨーロッパから帰国してようやく回復傾向になってきたのでリハビリで小川山へ。う~ん、涼しくて快適です。元気が出そうですが、まだ本調子ではないためお殿様岩、最高ルーフ周辺を徘徊。デカキャメ等重荷を背負って二時間くらい歩きました。良く歩けたものです。木陰でお茶しながらのんびりリハビリに専念したおかげでかなり体調が良くなりました。やはり青い空と緑の森は身体にも良いようです。

7月23日[雨]
 突然天気予報が雨に変わり、朝から雨にたたられ岩場クライミングは無理状態でした久しぶりの雨の廻り目平も良いものですね。で、急遽PUMP2に転戦。昨日の徘徊の疲れが残っていたので不調と思ったのですが、結構身体が動いて。クライミングの調子は、分からないものです。
小川山小川山
タグ:小川山
前の10件 | - 小川山、瑞牆 ブログトップ