So-net無料ブログ作成
検索選択

湯川 [小川山、瑞牆]

2015年6月29日[晴れ][晴れ]湯川
 長野方面は土曜日から月曜日まで晴れの予報で、急遽日帰りで出かけてきました。この日を逃すと来月はヨーロッパに出かけてしまうため、一ヶ月近く外岩はお預けになってしまいます。出かけて正解でした。岩の状態は前回より遥かに良い状態で爽やかな風と青い空、新緑の緑、新品のロープがこれまた緑で、新緑に良く映えていました。この日もクライマーは10人ほどでしたが殆どが知り合いで、久しぶりにお会いした人もいて楽しい会話が出来ました。クライマーの世界は、狭いですね。
 クラックルート復習シリーズ湯川編。今日で合計7本が終了しましたが、残りのルートは難ルートばかり。ヨーロッパから帰るまでお預けですが、それまでクライミングが出来ないので帰国後トライできるのか心配です。出国ぎりぎりまでジムでトレーニングするしかなさそうです。う~ん、ヨーロッパはフレンチフライの本場なので、これの食べ過ぎによる体重の増加も心配です。
湯川湯川湯川湯川
タグ:湯川

湯川 [小川山、瑞牆]

2015年6月24日[曇り][晴れ]湯川
 なかなか晴天が続かないので仕方なく日帰りで比較的乾きの早い湯川へ。先日の午後三時ころから激しい雨になったと聞いていたので岩の状態を心配しましたが、思ったほどではなくほとんどのルートは問題なく登れる状態でした。と言っても多少の湿っぽさと染み出しは仕方がありません。
 新緑が綺麗でした。平日にもかかわらず10人ほどのクライマーが。皆さん、乾きの早い岩場という事でここしかないと。う~ん、ここのクラックルートは何度登っても楽しいですね。今日は気持ち良く登れたのでグッドでした。TcProは、大分慣れてきて信頼感が高くなってきました。今までクラッククライミング用に色々なシューズを履いてきましたが、このシューズは最高の評価です。
 来月からヨーロッパに出かけてしまうため、何とかそれまでにたくさんのクラックを登っておきたいのですが、お天気には勝てません。暫くジムトレーニングになりそうです。
 雷雨そ避けて早めに終了しましたが、日帰りでも大満足な一日でした。
湯川湯川
タグ:湯川

兜岩 [関東・甲信]

2015年6月10日[晴れ][晴れ]
 梅雨の合間の晴を有効に使おうと乾きが早くて近場の兜岩に行きました。甲府の予想気温が30度だったので暑いのではと心配したのですが、結構涼しくて気持ちの良い風を感じながら楽しめました。
 ここのエリアでオンサイトの可能性のあるルートは殆ど登っているのですが、久しぶりに再登してみるとなかなか楽しめました。知り合いの講習のパーティが入っていましたが、トップロープをお借りしたりしてノンビリでした。我々年寄り三人パーティは、もっぱら年金、病気、ぴんころの話題で盛り上がっていましたので、講習にはご迷惑だったかも知れません(笑)。日ごろ家族から中途半端な怪我はしないでくれと言われていますので、ぴんころは大切です。
兜岩兜岩
タグ:兜岩

小川山 [小川山、瑞牆]

2015年6月5日[曇り][雨]
 晴の予報が何時の間にか崩れが早まり曇から雨の予報になってしまいましたが、何とか予定のクライミングが出来てホッとしました。小川山クライミング初めての友人を案内して、小川山レイバックから親指岩のトップへ。小川山周辺の岩場の概要と新緑の大展望を楽しんでもらいました。いきなり未経験のクラックで大変だったようですが、頑張ってトップまで登れたのは日ごろのトレーニングの賜物です。この日は曇空で気温も低く、早々に懸垂下降。一旦車に戻りランチ。続いて花崗岩のスラブクライミングを経験してもらいたいと思いガマスラブへ。講習会で賑わっていたため左側の傾斜の強い部分に拓かれたルートを3本登りました。部分的に難しいパートもあるルートもあり結構楽しめます。丁度午後3時半を過ぎた頃から小雨が降り始めたので、撤収。車に着く頃には本降りとなり、絶妙なタイミングでの終了です。
 折角の初めての小川山ですので新緑と青空の下でのクライミングを楽しんでもらう計画でしたが、青空の小川山だけが味わってもらえず残念でした。次回は、快晴の下でクライミングしましょう。
親指岩トップより小川山レイバック
タグ:小川山

瑞牆、小川山 [小川山、瑞牆]

2015年6月1日[晴れ][晴れ]瑞牆 熊岩
 アプローチが近くて手ごろなルートのある熊岩に行きました。車を止めて旧林道から踏み後を辿りチョッと急斜面を登ると熊岩です。新緑の緑の森、聞こえるのは春蝉の大合唱と渓流の音だけです。これが瑞牆の素晴らしいところなのでしょう。私達だけの静かなクライミングをたくさん堪能しました。
 5.7、5.8、5.10aの三本のルートを登ったのですが、5.7が一番大変でした。他の二本は短いですが見て直ぐわかる綺麗なクラックで、フリクションも良く効いて楽しめるルートでした。この様な素晴らしい環境の中に居るだけで、幸せな気持ちになります。ついお茶する時間が長くなってしまいます。
 やはり初めてのエリア、ルートは楽しいです。出会うまでのワクワク感は、アルパインクライミングをしていた昔を思い出します。初めてのルートにトライする前夜は、緊張と不安で眠れないものでした。ショートルートのクライミングも同じで、初見のルートにオンサイトトライする時の緊張、不安、期待感がたまりません。クライミングの最高の価値はオンサイトですから、オンサイトで登れた時の感動はルートのグレードに関係なく最高です。
熊岩熊岩熊岩熊岩熊岩

6月2日[晴れ][曇り]小川山
 目的のルートを探して親指岩からお殿様岩、くじら岩周辺を徘徊しました。このお殿様岩周辺は昔亡き森さん都イムジン河を登りに行ったのが最後で、殆どアプローチを思い出せません。それ以前もかなりの回数歩いているのですが、もう歳ですね。それにしても、踏み後があちこちにあり良く解りません。
 で、最後に親指岩へ。小川山レイバックは平日と言うのに順番待ちで賑わっていました。
春蝉小川山